Share ハッシュ

powerd by 楽や

Shareにもあります!便利なハッシュとトリガ機能

ShareにもWinnyと同じくハッシュが存在します。

ハッシュとは、ファイルを暗号で表したもので、同じものは一つとしてありません。あったとしたら、それは同じファイルということになります。

簡単に例をだしましょうか

Aというファイルのハッシュがahfbkoe…というハッシュだったとします。

しかしBというファイルもahfbkoe…だったとしたら、それはファイル名が違ったとしても中身は同じファイルです。

つまり何が言いたいのかというと、自分の欲しいファイルのハッシュがわかれば、偽者を掴まされることはないということです。

それでは肝心のハッシュはどこから入手すればよいのでしょうか?

それはやっぱりシェアーの発祥の地、2ちゃんねるということになります。また前にご紹介したShare Databaseでもいいでしょう。

更に、時々ですが、コンピューター系の雑誌にも載っている時がありますので、こちらもこまめにチェックするといいかと思います。

これらの情報源からハッシュを見つけたら、Shareにある「トリガ」タブをクリックし「ハッシュ」と書いてあるところにコピペします。あとはひたすら待つ!

そうすれば、いつか検索に引っかかり、ダウンリストに追加され、やがてダウンロードが開始されます。ちなみに、すぐファイルが見つかった場合はいきなりダウンリストの方に追加されますので、ダウンロードされるスピードも速いと思います。

このようにとても便利なハッシュ機能なんですが、欠点もないわけではありません。

それは、自分の探しているファイルがなかなか見つからないという点にあります。これを防ぐ方法は残念ながらありませんので、本当に探しているファイルがある場合は、ちょこちょこいろいろな所で情報を集めていくしかありませんね。

Share(シェアー)EX2の初期ノードやポート開放を解説! 項目一覧

Share wiki

初期ノードやポート開放

本体のダウンロードや使い方

初期設定やプラグイン

その他ファイル共有ソフト

楽天ウェブサービスセンター